03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

腰椎椎間板ヘルニア改善の方法

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • お尻から脚に掛けて激しい痛みやシビレが走る
  • 咳やくしゃみをすると腰に痛みが強くでる
  • 腰の痛みで寝返りができない
  • カラダが傾いていて、まっすぐにできない
  • 腰が曲がっていて伸ばせない
  • 病院で手術と言われたがしたくない
  • ヘルニアの手術をしたが、再発してしまった

 

 

ご安心ください。
もう一人で悩むのは止めましょう!
整体院東葉コンディショニングでは痛みやシビレの原因となっている全身の骨格の歪みや筋肉の緊張を見極めます。
痛いところだけ施術するのではなく、優しい整体施術法で 根本的なお悩みを解決していきます。

 

他の治療院で効果がなかった方でも大丈夫

 

東葉コンディショニングには、

「腰椎椎間板ヘルニアによるツラい腰痛、足のシビレをなんとかして欲しい」

「病院で手術を勧められたが、不安で踏み切れない。手術ではない方法を試してみたい」

何ヶ月も病院で保存治療をしているが、あまり効果を感じない。他の治療も試してみたい」

「色々な治療院に行ったがなかなか治らない、なんとかして欲しい」

「腰が痛くても仕事は休めない」

という方が来院され、症状改善へと至っている方が大勢いらっしゃいます。

 

ではなぜ、病院の治療ではなく東葉コンディショニングの整体法「QPR法 (クイック・ペイン・リリース法」を受けて多くの腰椎椎間板ヘルニアの方が改善するのか?

 

東葉コンディショニングの腰椎椎間板ヘルニア施術

東葉コンディショニングの腰椎椎間板ヘルニアに対する考え方と、施術方法の一部をご紹介します。

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないよう にバランスを保っています。

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていきますが、どこかが歪んでいると、他の部位が歪んでバランスを取っています。

 

東葉コンディショニングでは、病院のように症状が出ている腰ばかりを診ているだけでは、不十分だと考えます。

腰椎椎間板ヘルニアによる痛み・しびれを根本的に解消するには、腰への実際に掛かっている負担を減らす必要があります。

 

カラダ全体の歪みから改善

そのため、東葉コンディショニングでは、カラダ全体の歪みを治し、バランスを整え、圧迫された椎間板をストレッチしていくことを主眼に置いて、整体施術をします。下肢アライメント(足部、足首、膝、股関節の配列)や骨盤や胸郭、背骨など一つ一つ丁寧に歪みを整えていきます。

カラダ全体のバランスが取れるようになると、骨盤や腰椎が正しい位置に安定します。その結果、関節や筋肉への過度な負担が減り、血液やリンパの流れが良くなり、自然治癒力を高め症状を改善させていきます。

 

◆◆病院の治療や他の治療院の施術とは異なる、東葉コンディショニングの徹底した腰椎椎間板ヘルニア施術のポイント◆◆

東葉コンディショニングでは、独自の整体理論に基づき、カラダ全体のゆがみや筋肉、関節の状態を見極め施術をしていきます。

  • カラダ全体のバランス調整
  • 生理湾曲の形成、骨盤、腰椎の動き改善
  • 腰部筋肉群へのアプローチ
  • 仙腸関節の可動改善
  • 胸郭可動調整
  • 下肢アライメント調整
  • 椎間板ストレッチ

などで、腰椎椎間板ヘルニアになる原因を解消し、症状回復に導いていきます。

 

 

整体施術方法の一例をご紹介

それでは、東葉コンディショニングで行っている腰椎椎間板ヘルニアによる痛み・しびれを根本的に解消するための整体施術方法の一例をご紹介します。

足部調整

うつぶせで足部の調整を行い、内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つを形成します。足部に正しいアーチを作ることで身体を支える安定力、衝撃吸収力、運動能力を機能させることが出来るようになります。

下肢アライメント調整

横向き寝の状態で施術をし、脚のねじれを改善させていきます。

下肢アライメントとは、股関節、ひざ、足首、足までの配列のことです。カラダの土台になる下肢がゆがむと、歩行時や立位時に重心バランスをうまく安定させることができなくなります。

下肢アライメントを整えることで、その上部ある骨盤、胸郭、背骨などが安定し、カラダ全体のバランスを向上させます。

骨盤調整シムス位

うつぶせで脚を開いた状態にし、骨盤をゆっくり揺らしていきます。左右同じようにおこなうことで、骨盤のゆがみが整えられていきます。この手法で、骨盤のゆがみを整え背骨の動きを改善し、さらに腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

脊柱の生理湾曲の正常化

脊柱の生理弯曲の正常化

台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらい施術します。四つん這いの姿勢をとることで、背骨や骨盤に掛かる負荷が緩和され、腰部周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。

同時に、足首を回転させると、下肢や腰背部の筋肉の緊張が緩和され、背骨のS字カーブが正常な状態に戻っていきます。S字カーブが正常になれば、体幹が安定し腰部などへの過度な負荷が解消されます。

腰背部の筋肉弛緩、骨盤、背骨調整

骨盤、背骨の動き改善

あおむけで骨盤を優しくゆらしながら、腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。腰背部から背中全体の筋肉の緊張が解消されると、生理弯曲や骨盤のゆがみも正常になり、背骨一つ一つの動きも改善されます。

腰椎椎間板調整(腰椎椎間板ストレッチ手法)

正座をしてもらい、腰の下付近にある仙骨を手で固定し施術します。正座の姿勢から上体をゆっくり前方に倒していくことで、背骨がストレッチされ、さらに仙腸関節の可動が調整されます。

背骨と背骨の間で、衝撃吸収材の役割をしている椎間板に掛かる過度な負荷を軽減させます。

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状を改善させるポイントは5つ!!

  1. カラダの歪みやねじれを解消し、全身のバランスを整えることで腰部への過度な負担をなくす。
  2. 腰椎に掛かる負荷を減らすため、背骨全体でカラダを支えられるよう生理弯曲を作る。
  3. 疲労がたまり固まった筋肉、動きが悪くなった関節を正常な状態に戻していく。
  4. 過度に圧迫されている椎間板に対しストレッチをかけ、元の状態に戻していく。
  5. 腰椎椎間板ヘルニアになった原因である、日頃の悪い姿勢やカラダの使い方のクセを改善する。

というステップを施術の中で行います。また、同時に早期回復、再発防止のために日頃の姿勢改善、正しいカラダの使い方を覚えるなどの生活習慣を変えていくことも大切になります。

 

電話問い合わせ

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの症例

手術はしたくない!腰椎椎間板ヘルニアによる足の痛みとしびれ

30代男性 東京都千代田区 Aさん

第4腰椎と第5腰椎間の腰椎椎間板ヘルニアという診断を受け、おしりから足の外側や裏側に痛みやシビレが出ていたAさん。

腰の痛みと足のシビレが強く、半年ほど整形外科に通院し、温めたり牽引を掛けたりするものの効果を感じられませんでした。でも手術はしたくないし、このままでは仕事も続けられない…と悩んでいたところ、東葉コンディショニングを知り、藁にもすがる気持ちで来院されました。

初めは、足を引きずり腰を丸める状態で来院されました。

体全体のゆがみと腰椎のS字カーブ、下肢バランスを調整していったところ、数回通ううちに、段々と普通に歩けるように、痛みやシビレが軽減していることを実感した様子でした。

3週間程経つ頃には、腰の痛みは一定の動きでのみ出る程度、シビレもかなり軽くなっていました。また、その頃から仕事も普通にできるようになったと喜ばれていました。

あれから2年経ちますが、「今ではむしろ痛みが出始める前よりも調子良く過ごせています。これも月に1回定期的に歪みを整えているお陰ですね。」と再発予防も視野に入れて整体施術を継続して受けられています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

病院のリハビリでも治らなかった腰痛が、10回の整体で軽い体に

30代女性 東京都台東区 Sさん

7年前に腰を打撲、その1年後に第4腰椎と第5腰椎の間に腰椎椎間板ヘルニアを発症して以来、腰痛とともに生活してきたSさん。

痛みをかばいながら生活していると、再びヘルニアを発症してしまいました。病院の整形外科へ行って治療を受けましたが、そこで受けたリハビリではまったく改善されなかったそうです。

東葉コンディショニングに初めて来院されたときは、寝返りすると腰痛で目が覚める状態でした。整体施術では、身体全体のゆがみ、背骨のS字カーブの調整後、腰椎のストレッチを行いました。

整体施術を重ね10回目の頃には、徐々に痛みが消え、夜もよく眠れるようになっていました。眠れるようになると、翌朝体が軽くなっているのを実感した、ととても喜ばれていました。

「先生方を信じ、施術を受け続けることが一番の近道だと、腰の痛みから開放された今、しみじみと感じます。」と嬉しい感想をいただきました。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

先生方の励ましを受け、諦めていた腰痛も完治させられた

40代女性 東京都千代田区 Uさん

1年前から腰が痛く、左足にしびれが出てしまったUさん。その都度、整形外科へ通院していましたが、少し良くなる程度。この繰り返しで、症状もだんだん悪化、ついには寝返りも打てなくなってしまいました。

台所仕事も10分と立っていることができず、犬の散歩も休み休みという状態。常にシビレや痛みに悩まされ、整形外科、整体と通ったものの良くならなかったそうです。

「諦めていたそんな時、新聞記事で知ったのが東葉コンディショニングのことでした。通い始めは正直、「この施術で・・・?」と思いました。でもほぼ毎日通っていると、少しずつですが痛みやしびれが取れて、良くなっていくのがわかるようになりました。」と、Uさん。整体施術では、痛くない姿勢で優しく揺らしながら、体のゆがみを整え、腰椎周辺の緊張した筋肉をゆるめていきました。

整体施術を続けていく中で、「先生方の「諦めないでください、必ず良くなります」という言葉を信じ、通院してきました。今では、腰の痛みもシビレも出ることはありません。日常生活も支障なく、犬の散歩も大丈夫です。

諦めず最後まで通院して、本当に良かったです。痛み、シビレで悩んでいたときがウソのようです。本当にありがとうございました。」と、今ではすっかり腰痛も忘れた生活を送られています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

整体で腰椎椎間板ヘルニアの私が安心して通える場所

40代男性 千葉県佐倉市

①数多くの治療院、整体院がある中で、当院の施術、サービスを選んだのはなぜですか?

以前、ヘルニアになった際に遠方の整体院に通っていましたが、距離がある事と、すぐに診てもらえない為、近所でないかとネットで調べたところ、東葉コンディショニングさんがヒットして、雰囲気も良い感じでした。また電話をすると、当日に診て頂けるという事でしたので即決をしました。

②来院前に困っていたこと、悩んでいたことは何ですか?

約10年前にヘルニアを発症してから2~3年おきにヘルニアが再発し、その度に遠方の整体院まで足を運んでいた事です。 

③整体を受けて、どのようによくなりましたか?

ヘルニアの原因が長年蓄積された体の歪みからきている事がわかり、ちょっとした姿勢やご指摘された癖などに気を付けるようになってから、姿勢が良くなり

敏感に腰や体の好調が分かるようになったので、体を痛めるような無理はしなくなりました。

④当院スタッフの対応、仕事ぶりを見て感じたことは?

皆さん丁寧親切で対応して頂いたので、本当にありがたかったです。スタッフの方は週一ぐらいでしか休みがなくて大変だと思います。頭が下がります。

⑤どのような方に当院の施術、サービスはオススメできますか?

腰痛は一度治れば二度と起こらないものではないので、アフターメンテナンスをしてもらえ、自己療法も教えてもらえる、そういったものを望む方にオススメできます。

⑥これから当院とどのようなお付き合いをしたいですか?

自分の体のバロメーターとして、また体のいざという時の駆け込み寺的な感覚でお付き合いしたいと思います。

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 1.通常の整体とは全く違う施術をします 1.通常の整体とは全く違う施術をします 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 3.当院独自のストレット等のアドバイス 3.当院独自のストレット等のアドバイス 4.施術は短時間 4.施術は短時間 5.整体記録ノート 5.整体記録ノート

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの痛み豆知識

腰椎椎間板ヘルニアって若い年代に多いってホント?

A. はい、腰椎椎間板ヘルニアの好発年齢は働き盛りの20~40歳代に多い傾向にあります。

患者さんを年代別に見ると、最も多いのは20代で35%、30代で27%、40代で20%くらいと言われています。(高齢になると、腰椎椎間板ヘルニアより、腰部脊柱管狭窄症のリスクが高くなります。)

椎間板は年齢とともに硬く、薄くなっていきますが、子供の頃は椎間板の約80%が水分で満たされクッション性が高い状態です。しかし、クッション性が高いからこそ、負荷が掛かったときの内圧が高まり、髄核が繊維輪を飛び出し神経を刺激する腰椎椎間板ヘルニアになりやすいのです。ですので、腰痛予防のためにも子供の頃から普段の姿勢や、体の使い方を学ぶ姿勢教育が大切なのです。

腰椎椎間板ヘルニアなんだけど、早く良くなる為に普段の生活で気をつけなきゃいけないポイントを教えてください!

A. まず、睡眠は7時間以上とるようにしましょう。出来るだけその日の内(午前0時より前)に、横になるように心掛けるとよいです。

特に椎間板ヘルニアがある方は、少しでも横になる時間を増やして、椎間板に重力がかかる時間を減らしてあげましょう。そのほうが、椎間板の修復、再生が早くなります。

それから、ぬるめのお湯に20分はつかるようにしましょう。入浴すると浮力で椎間板への負担が軽減されます。さらに、血流がよくなりガチガチに固まった腰の筋肉をゆるめます。

そして、日頃の姿勢にも気を付けましょう。普段から足を組んでいる人や、パソコン作業中に猫背になっている人は要注意です。

背骨や骨盤が歪んで、腰椎椎間板に大きな負担が掛かるので、そういった悪い姿勢はしないようにしましょう。

自分でできる腰椎椎間板ヘルニア改善・予防エクササイズ

腰椎椎間板ヘルニアの方に役立つエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

 

足組みゆらゆら骨盤調整

<効果>

  • 骨盤の歪み矯正
  • 背骨の歪み矯正
  • 腰痛の緩和
  • 腰部可動域改善

シムス位エクササイズ

<効果>

  • 背骨の土台になる骨盤を整える
  • 首、肩こりの緩和
  • 猫背の矯正

ひざ抱えゆらし

<効果>

  • 腰背部から股関節周りの筋肉の緊張緩和
  • 椎間板の柔軟性向上

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早く症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢を取ったり、痛い動作はしないようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

アマゾン、全国のセブンイレブン、書店で絶賛発売中!

 

一瞬でカラダのバランスを整え、腰・首・肩・膝痛を消す「QPR(クイック・ペイン・リリース)法」は、揺らす、回すなど簡単で効果的、画期的な整体術。

多くの患者に効果をあげ、支持されるその整体メソッドをわかりやすく解説。

1日8分で全身のバランスを整えるエクササイズや、痛みを改善させるための部位別エクササイズ、ゆがみとカラダの不調に関してのお話などを掲載しています。

  • カラダのゆがみを自分でそろえられるようになりたい!
  • なかなか整体やマッサージに行く時間がない!
  • 自分でなんとかできるスキルが欲しい!
  • 慢性的な腰痛、肩こりを軽くする方法を知りたい!

といった方にオススメの本です。是非ご一読ください。

電話問い合わせ

 

腰椎椎間板ヘルニアになる原因

例えば、骨盤が歪んでいると、その上にある腰椎や胸椎、胸郭も歪んでバランスを取ります。当然、さらにその上にある頚椎も歪んで頭を支えます。その結果、周囲にある筋肉や関節に過度な負担がかかり続けるようになります。このように継続して腰や背骨に負荷が掛かると、その周辺の筋肉も緊張して支えなければならないため、筋肉疲労を起こし、過度の筋緊張を生みます。更に、この状態が継続すると骨格への影響が出始め、背骨の生理湾曲が無くなってしまうのです。

背骨は体重の10%といわれる頭の重さを支えています。成人の頭の重さは6~8kg 。その頭の重さを支えているのが脊柱の生理彎曲と言われるS字カーブの構造です。

このS字カーブは、バネのように衝撃を和らげたりバランスをとったりする役目があり、動物の中では人間だけにあるものです。その中でも重要なのが、腰椎と仙骨が接する部分に適度な角度がついていることです。この角度によって、理論上体重の約3倍の重力が加わるはずの仙骨部分の力が分散吸収されるのです。この微妙な角度があるから、人間は直立していられます。

しかし、生理的湾曲が崩れると、この角度にも影響が出て重力をうまく分散吸収できなくなってしまいます。その結果、筋肉に過度な負担が掛かり、疲労が溜まった筋肉が炎症を起こすと腰痛や背中痛などの症状が出てしまうのです。

これが長い間続くと、更に骨や筋肉への負担が増し、腰椎と腰椎の間にある椎間板が潰れてしまいます。

 

椎間板とは?

椎間板とは、背骨を構成する一部の事です。

上図のように背骨は24個あり、椎骨とその間にある椎間板が連なって構成されています。そして、椎間板は体にかかる衝撃や負荷を吸収するクッションの役割をしています。

椎間板は「髄核 (ずいかく)」と「線維輪 (せんいりん)」で構成されています。
髄核は水分を豊富に含むゲル状の組織で、椎間板の中央にあり、その髄核をドーナツ状に取り囲んでいるのが繊維輪という、コラーゲンを豊富に含む強固な組織です。この2つが互いに協力し合い、腰椎に掛かる衝撃や負荷を分散してくれているのです。

しかし、腰に過度な負荷が掛かりすぎてしまうと耐えられなくなり、椎間板が押しつぶされ、中の髄核が繊維輪を破って外に飛び出してしまいます。この飛び出した髄核がヘルニアと呼ばれ、それが神経を圧迫するようになると下肢に響くような痛みやしびれが起こってしまう、いわゆる「椎間板ヘルニア」になるのです。

 

 

症状にお悩みの方は当院にご相談ください

腰椎椎間板ヘルニアに対する東葉コンディショニングの施術の考え方、エクササイズ、症状や原因などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?
なかなか症状が改善しないと不安が募ります。

一人でお悩みにならずに、施術実績が多い当院にぜひ一度ご相談していただければと思います。

 

電話問い合わせ