03-6662-624103-6662-6241
電話受付時間 平日10時〜20時、土曜9時〜18時

腰部脊柱管狭窄症改善の方法

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 腰痛、坐骨神経痛(腰周りが重い、違和感、はり感)がある
  • 下肢にしびれや痛みがでる
  • 歩き出すと足のシビレや痛みなどで休憩が必要になるが、前かがみで休むとまた歩けるようになる
  • 足に力が入らなくなり、足先が持ち上がらない
  • 階段でつまずく
  • スリッパが脱げやすい
  • 腰や下肢に麻痺や灼熱感(しゃくねつかん)など感覚異常がある

 

 

ご安心ください。
もう一人で悩むのは止めましょう!
整体院東葉コンディショニングでは痛みやシビレの原因となっている全身の骨格の歪みや筋肉の緊張を見極めます。
痛いところだけ施術するのではなく、優しい整体施術法で 根本的なお悩みを解決していきます。

 

腰部脊柱管狭窄症とは?

8万人を対象とした大規模調査(2010年福島県立医科大学)で、国内の患者数が推定240万人いるという結果が出た腰部脊柱管狭窄症ですが、この「脊柱管」とは、どういうものなのでしょうか。

脊柱とは、いわゆる背骨のことを指します。脊柱はそれ自体が1つの骨ではなく、椎体と呼ばれる骨が縦にいくつも連なることで背骨(脊柱)を構成し、椎骨の中にある椎孔という穴が、脊柱全体を通じて「脊柱管」という空間を作り出しています。

この空間には神経束や血管が通っており、これらは脊柱管の中で枝分かれしてカラダの各部へと伸びています。

腰のあたりの脊柱管が狭窄、つまり狭くなる病気が「腰部脊柱管狭窄症」です。

発症すると脊柱管に圧迫された神経は痛みやシビレを引き起こしたり、血管が圧搾されれば血流の低下を起こします。

こうして発症した症状は、太ももからふくらはぎ、足の裏、両側に出る場合や片側だけに出る場合もあれば、足の症状だけで腰痛は全くない場合もあるなど、様々ではありますが、一般的に次のような症状が出てきます。

  • 腰痛、坐骨神経痛(腰の周りが重かったり、違和感、はり感)
  • 下肢にしびれや痛みがでる
  • 歩き出すと足のシビレや痛みなどで休憩が必要になるが、前かがみで休むと、また歩けるようになる(間欠性跛行)
  • 麻痺や灼熱感(しゃくねつかん)などの感覚異常

 

他の治療院で効果がなかった方でも大丈夫

東葉コンディショニングには、

「腰部脊柱管狭窄症によるツラい腰痛、足のシビレをなんとかして欲しい」

「病院で手術を勧められたが、不安で踏み切れない。手術ではない方法を試してみたい」

「何ヶ月も病院で保存治療をしているが、あまり効果を感じない。他の治療も試してみたい」

「色々な治療院に行ったがなかなか治らない、なんとかして欲しい」

「足や腰が痛くても仕事は休めない」

という方が来院され、症状改善へと 至っている方が大勢いらっしゃいます。

ではなぜ、病院の治療ではなく東葉コンディショニングの整体法「QPR法 (クイック・ペイン・リリース法」を受けて多くの腰部脊柱管狭窄症の方が改善するのか?

 

東葉コンディショニングの腰部脊柱管狭窄症施術

東葉コンディショニングの腰部脊柱管狭窄症に対する考え方と、施術方法の一部をご紹介します。

人間の身体バランスは、ダルマ落としゲームのように、どこかが右にずれると、どこかが左にずれ、どこかが前に出ると、どこかが後ろに出て、倒れないよう にバランスを保っています。

 

人間の身体は下から、足、膝、股関節、骨盤、脊椎、胸郭、頭とつながっていきますが、どこかが歪んでいると、他の部位が歪んでバランスを取っています。

東葉コンディショニングでは、病院のように症状が出ている腰ばかりを診ているだけでは、不十分だと考えます。腰部脊柱管狭窄症による腰や足の痛み・しびれを根本的に解消するには、腰へ実際に掛かっている負担を減らす必要があります。

脊柱管狭窄症になる方の特徴としては、

  • 高齢者(60歳~80歳)である。
  • 骨が変形している。
  • 筋肉などの軟部組織が硬化している。

というものがあります。

そのため、東葉コンディショニングでは、カラダ全体の歪みを治し、バランスを整え、脊柱の変形による体液(血液、リンパ液等)の巡りの悪化、筋肉の過緊張による神経圧迫の負担を緩和させることを、主眼に置いて整体施術をします。

下肢アライメント(足部、足首、膝、股関節の配列)や、骨盤や胸郭、背骨など一つ一つ丁寧に歪みを整えていきます。

カラダ全体のバランスが取れるようになると、骨盤や腰椎が正しい位置に安定します。その結果、関節や筋肉への過度な負担が減り、血液やリンパの流れが良くなり、自然治癒力を高め症状を改善させていきます。

◆◆病院の治療や他の治療院の施術とは異なる、東葉コンディショニングの徹底した腰部脊柱管狭窄症施術のポイント◆◆

東葉コンディショニングでは、独自の整体理論に基づき、カラダ全体のゆがみや筋肉、関節の状態を見極め施術をしていきます。

  • カラダ全体のバランス調整
  • 生理湾曲の形成、骨盤、腰椎の動き改善
  • 腰部筋肉群へのアプローチ
  • 仙腸関節の可動改善
  • 下肢アライメント調整
  • 狭窄している椎間板のストレッチ

などで、腰部脊柱管狭窄症になる原因を解消し、症状回復に導いていきます。

 

 

整体施術方法の一例をご紹介

それでは、東葉コンディショニングで行っている腰部脊柱管狭窄症による腰や足の痛み・しびれを根本的に解消するための整体施術方法の一例をご紹介します。

足部調整

うつぶせで足部の調整を行い、内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチの3つを形成します。足部に正しいアーチを作ることで身体を支える安定力、衝撃吸収力、運動能力を機能させることが出来るようになります。

下肢アライメント調整

横向き寝の状態で施術をし、脚のねじれを改善させていきます。

下肢アライメントとは、股関節、ひざ、足首、足までの配列のことです。カラダの土台になる下肢がゆがむと、歩行時や立位時に重心バランスをうまく安定させることができなくなります。

下肢アライメントを整えることで、その上部ある骨盤、胸郭、背骨などが安定し、カラダ全体のバランスを向上させます。

脊柱の生理弯曲の正常化

脊柱の生理弯曲の正常化

台に上半身の半分程度が乗るように、四つん這いの姿勢になってもらい施術します。四つん這いの姿勢をとることで、背骨や骨盤に掛かる負荷が緩和され、腰部周りの調整や生理弯曲の形成が行いやすくなります。

同時に、足首を回転させると、下肢や腰背部の筋肉の緊張が緩和され、背骨のS字カーブが正常な状態に戻っていきます。S字カーブが正常になれば、体幹が安定し腰部などへの過度な負荷が解消されます。

骨盤調整シムス位

うつぶせで脚を開いた状態にし、骨盤をゆっくり揺らしていきます。左右同じようにおこなうことで、骨盤のゆがみが整えられていきます。この手法で、骨盤のゆがみを整え背骨の動きを改善し、さらに腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。

腰背部の筋肉弛緩、骨盤、背骨調整

 
骨盤、背骨の動き改善

あおむけで骨盤を優しくゆらしながら、腰背部の筋肉の緊張をとっていきます。腰背部から背中全体の筋肉の緊張が解消されると、生理弯曲や骨盤のゆがみも正常になり、背骨一つ一つの動きも改善されます。

仙腸関節可動調整

うつ伏せのまま膝を曲げて、軽く内側に倒し仙骨に手の平を当て固定したまま息を吸ってもらいます。息を吐くタイミングで固定した仙骨を軽く揺らすことで、仙骨と腸骨のわずかな隙間の動きを出せるように調整を行います。

 

腰部脊柱管狭窄症の症状を改善させる整体施術のポイントは4つ!!

  1. カラダの歪みやねじれを解消し、全身のバランスを整えることで腰部への過度な負担をなくす。
  2. 腰椎に掛かる負荷を減らすため、背骨全体でカラダを支えられるよう生理弯曲を作る。
  3. 疲労がたまり固まった筋肉、動きが悪くなった関節を正常な状態に戻していく。
  4. 過度に圧迫されている椎間板に対しストレッチをかけ、元の状態に戻していく。

というステップを施術の中で行います。

また、同時に早期回復、再発防止のために日頃の姿勢改善、正しいカラダの使い方を覚えるなどの生活習慣を変えていくことも大切になります。

 

電話問い合わせ

 

腰部脊柱管狭窄症の症例

腰部脊柱管狭窄症発症。腰と足が痛くて3分も歩けない

40代男性 秋葉原 Sさん

歩いていると3分ほどで腰と足に痛みが出てしまい病院で検査したところ腰椎脊柱管狭窄症と診断されたSさん。

今まで様々な治療を試してきたものの、一向に良くなる気配もなく、ネットで東葉コンディショニングを知り来院されました。

Sさんの体の状態を診ると、腰椎の弯曲が無くなり、下肢全体から腰背部の筋肉が硬く緊張した状態でした。

1回目の整体施術では、腰椎のカーブをつけながら緊張の強い腰周りの筋肉をよく緩めるように行いました。

4回目の整体施術を行う頃には、股関節や腰椎の可動が少しずつ出てきたので、骨盤を安定させるために足部から股関節の調整を取り入れ、腰背部の筋肉(腰方形筋)の緊張を特に緩めるように行いました。

初めて来院された時は、最寄りの駅から当院まで歩いてくるのに10回以上もしゃがんで休憩しなければ来れないほどの状態でしたが、5回目の来院時には5回ほどの休憩で来れるようになっていました。

6回目の整体施術以降も腰椎のカーブの調整、椎間板のストレッチ、腰背部の緊張の弛緩を中心に行い、20回目以降には、1回の休憩で来れるほどになりました。

Sさんご本人も「今まで全く良くならなかったのに回復していってうれしいです!」と喜んでいました。

現在も週に1回のペースで来院され、腰痛と足の痛みを気にせず過ごされています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

腰部脊柱管狭窄症による歩行困難。日々の買い物も苦労することに・・・

80代女性 浅草橋 Iさん

年齢を重ねるとともに、歩行時にカラダのバランスが崩れてしまうようになり、そのことが原因で腰痛や足の痛みなどの症状が出て来院されたIさん。

過去に腰部脊柱管狭窄症と診断されたことがあるとのことでした。

1回目の来院時は、歩行時に右足に体重がかかると、腰が「ガクン」と力が抜けてしまい、真っすぐ歩けない状態でした。

Iさんのカラダの状態を診てみると、立った時にカラダ全体が左に傾いた状態で、足首、膝、股関節などの下半身の各関節の動きが悪くなっており、骨盤から背骨の動きもかなり硬くなっている状態でした。

1回目の整体施術では、全身のバランスの調整を行い、足、足首、膝、股関節が正しい可動で動くように調整を行いました。

Iさんは、来院前は明け方になると足の痛みが出る状態でしたが、1回目の整体施術の後から明け方に足の痛みが出る頻度が少なくなり、痛みも弱くなってきました。

1か月後、下半身と骨盤回りの関節、背骨を中心に整体施術を行ったところ、歩行時のカラダのバランスも安定し、腰と足の痛みも落ち着いてきました。

始めのうちは、週4日くらい通院されていましたが、3カ月後には週に2回の通院で歩行時のカラダのバランスを保つことができ、足の痛みや腰の痛みなどの症状にも悩むことなく過ごせるようになりました。

Iさんには、整体施術以外にも神経の伝達をよくするトレーニングも行っています。整体施術でカラダのバランスを整え、各関節の動きを正しい状態にし、神経伝達を良くするトレーニングを行うことで、歩行時に足が動きやすくなるのです。

Iさんは、初めて当院に来院する前に、「骨に問題があるのではないか」「病院で治療を受けないと良くならないのではないか」と心配していましたが、当院の整体施術とトレーニングで症状が改善してきているので、「ここに来て良かった!」と喜ばれています。

現在も週に2回のペースで定期的に来院され、痛みの出ない状態をキープされています。

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

 

整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 整体院東葉コンディショニングの「早く良くなる5つの秘訣」 1.通常の整体とは全く違う施術をします 1.通常の整体とは全く違う施術をします 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 2.痛みの原因を取り除いていく根本療法 3.当院独自のストレット等のアドバイス 3.当院独自のストレット等のアドバイス 4.施術は短時間  4.施術は短時間5.整体記録ノート5.整体記録ノート 

 

腰部脊柱管狭窄症の痛み豆知識

腰部脊柱管狭窄症と診断されたけど、手術をしないでも治りますか?

A. はい。腰部脊柱管狭窄症は手術をしなくても痛みやしびれをとることができます。

少し歩くと脚に痛みやシビレが出て歩けなくなり、少し休むとまた歩けるようになる。このような状態は腰部脊柱管狭窄症の方に多く見られる間欠性跛行(かんけつせいはこう)です。

8万人を対象とした大規模調査(2010年福島県立医科大学)の結果腰部脊柱管狭窄症の患者数は全国で推定240万人という結果が出ました。

症状に関する一番の悩みとして挙げられたのは、歩くのが辛い(16.9%)長時間歩けな い(10.2%)という「歩けない」という悩みが約 3 割を占めました。

また、症状による生活の変化として、外出しなくなった(14.0%)歩かなくなった(10.8%) に加えて、旅行やレジャーをしなくなった(6.2%)など自分の楽しみが奪われていることが分かりました。

このうち9割の方が「改善したい」と強く望まれていますが、手術はしたくないという理由から他の手段はないかと探されている方や、手術を受けた方が術後のケア方法を探されている場合も多くあります。

実は東葉コンディショニングにも、手術はしたくないと腰部脊柱管狭窄症でお困りの方が多数来院されています。

このページで話してきた、当院の腰部脊柱管狭窄症に対する施術の考え方や施術法により、実際に手術を勧められていた方も、症状が改善しています。

あなたがもしそのようなことでお困りなら、ぜひご相談ください。

 

自分でできる腰部脊柱管狭窄症改善・予防エクササイズ

腰部脊柱管狭窄症の方に役立つエクササイズを動画でご紹介します。

※必ず痛くない範囲で行ってください。

足組みゆらゆら骨盤調整

<効果>

  • 骨盤の歪み矯正
  • 背骨の歪み矯正
  • 腰痛の緩和
  • 腰部可動域改善

骨盤コロコロストレッチ

<効果>

  • 骨盤の歪み調整
  • 股関節の可動域改善
  • 腰、股関節の連動向上

 

~注意点~

*痛みのない範囲で!

痛いことはなるべくしない方が、早く症状回復が見込めます。普段から痛い姿勢を取ったり、痛い動作はしないようにしましょう。我慢してやる必要はありません。

*適度な回数で!

たくさんやればやるほど、良くなる訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上あけて、1日数回に分けてやる方が効果的です。

 

アマゾン、全国のセブンイレブン、書店で絶賛発売中!

 

 

一瞬でカラダのバランスを整え、腰・首・肩・膝痛を消す「QPR(クイック・ペイン・リリース)法」は、揺らす、回すなど簡単で効果的、画期的な整体術。

多くの患者に効果をあげ、支持されるその整体メソッドをわかりやすく解説。

1日8分で全身のバランスを整えるエクササイズや、痛みを改善させるための部位別エクササイズ、ゆがみとカラダの不調に関してのお話などを掲載しています。

  • カラダのゆがみを自分でそろえられるようになりたい!
  • なかなか整体やマッサージに行く時間がない!
  • 自分でなんとかできるスキルが欲しい!
  • 慢性的な腰痛、肩こりを軽くする方法を知りたい!

といった方にオススメの本です。是非ご一読ください。

 

電話問い合わせ

 

症状にお悩みの方は当院にご相談ください

腰部脊柱管狭窄症に対する東葉コンディショニングの施術の考え方、エクササイズ、症状や原因などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

なかなか症状が改善しないと不安が募ります。

一人でお悩みにならずに、施術実績が多い当院にぜひ一度ご相談していただければと思います。

 

電話問い合わせ