変形性頸椎症

※喜びの声は来院している方々の個人の感想です。結果には個人差があり効果を保証するものではありません。

井上さん 64歳 男性

来院者さんの手書きアンケート
平成17年6月頃から左手の親指、人差し指や二の腕付近に痺れを感じるようになりました。友人の外科医に診てもらったところ頸部脊椎症との診断で加齢による症状なので完治は難しいといわれました。症状がひどくなったため、鍼やマッサージ等の治療院のはしごとなりました。治療結果も得られないまま、たまたま昨年11月に当院の近くに住む娘の紹介で治療を受けるようになりました。当院の先生は私の症状を何とか早く治したいと、ご自分の治療ネットワーク情報でその効果を期待できそうだと枕をわざわざ静岡まで出向き、手に入れてこられました。昨年12月末より、その枕(快福枕)を首に当てての治療を行うようになったところ、1ヶ月も経たないうちに手指の痺れが取れ始めました。5月現在1日のどこかで軽い痺れを意識することはありますが当院に来る前のことを考えると殆んど完治に近い状態です。研究熱心な先生に大変感謝しております。今は整体療法で体調管理を兼ね通院しております。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

※こちらは個人の感想です。あくまで結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんな症状でお困りの方

当院での施術の考え方、症状別の豆知識、自宅でできる体操や生活上の注意点などをご紹介いたします。

バランス改善メニュー

整体以外でもバランスを改善するためのサービスを実施しています。

東葉コンディショニング関連サイト

PAGE TOP ↑