発声と体のゆがみ

ブレスヴォイストレーニング体験!

10月からブレスヴォイストレーニング研究所を主宰している福島英先生と体の歪みと発声について共同で研究をしています。

先月は、福島先生やヴォイストレーナーの方に私共の整体を体験して頂き、今月は加賀谷先生と私(岡山)が実際にヴォイストレーニングを体験させて頂きました。

メインは腹式呼吸のトレーニング。

最初は、息をず~っと吐いていって全て吐ききる、次に吐ききった反動で自然に入ってくる息を取り込みお腹の前、わきが膨らむのを意識する というものでした。

息を吸うのではなく、自然に入ってくる感覚を覚えるのにちょっと苦労しましたが、四つん這いになったり、座ったりなど、段階を踏んで教えて頂いたおかげで何とかコツを掴むことが出来ました。

オペラなど短い息継ぎでたくさん息を取り込むには、息を吸うのではなく自然と息が入ってくるようこのようなトレーニングをするそうです。
スポーツにも活かせそうですよね!早速ダンスで試してみようと思います。

また、副産物として、練習中腹式呼吸をするたびにがお腹がゴロゴロ鳴りちょっと恥ずかしかったですが、お腹がゆるみ体がスッキリ!ポカポカ温かくなるのを実感できました。

トレーナーの方に聞いた話では、便通にも効果がありとの事!
気分もスッキリして、お腹の調子も良くなるのでストレスを感じている方、便秘ぎみの方にもオススメですね。

共同研究はじめます!

この度、当院はブレスボイストレーニングの第一人者 福島英氏と発声と体の歪みの関係について、共同で研究をしていくことになりました!

ブレスボイストレーニング研究所では、プロの歌手、役者、タレント、アナウンサーから、声の悩みを抱える一般の方までたくさんの方のボイストレーニングの指導をされています。

ボイストレーニングを行う際、身体の歪みが少なく重心の安定した姿勢と、猫背で歪んだ姿勢では、どちらが成果が出るでしょうか?

骨盤の歪みは左右のバランスを崩し、猫背は肋骨を圧迫しスムーズな呼吸の妨げになります。

また、顎関節症のように顎の歪みは口を大きく開けづらくし、肩コリは喉の筋肉を硬くし、発声にも大きな影響を及ぼします。

逆に、整体で骨盤の歪みを整え重心の安定した姿勢を身につけ、呼吸もスムーズな状態。ノド周りの筋肉がほぐれて、口も気持ちよく大きく開けられる状態で、ボイストレーニングすると、成果も大きくなります。

カラダやココロのバランスと発声の関係についてや体の歪みをとるストレッチ、ノドのケア方法など

福島氏と一緒に検証していきますので、みなさんにもその活動を報告していきますね。

ブレスボイストレーニング研究所はこちらをクリック

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

こんな症状でお困りの方

当院での施術の考え方、症状別の豆知識、自宅でできる体操や生活上の注意点などをご紹介いたします。

バランス改善メニュー

整体以外でもバランスを改善するためのサービスを実施しています。

東葉コンディショニング関連サイト

PAGE TOP ↑